メニュー

財団について

ご挨拶

 当財団は昭和26年(1951年)、旧加納岩町に創立されました。皆さま方に支えられて、お蔭さまで地域医療を担う、社会医療法人加納岩として今日に至ります。

  • 急性期、救急・高齢者医療を担う 加納岩総合病院(浅利泰広院長)
  • 精神科医療、認知症・身体合併症対応の 日下部記念病院(久保田正春院長)
  • 回復期リハ、スポーツリハに特化する 山梨リハビリテーション病院(中澤良太院長)
  • 地域生活支援部門、東山梨訪問看護ステーションなどからなっています。

「皆様に優しく信頼される的確な医療を提供し、地域社会の健康と福祉に貢献します」を経営理念に掲げ、Key wordは「Hospitality&Community」です。「的確な医療」は患者さま、ご本人にとって私共がなしえる最善の医療を提供することです。

 超高齢化・少子社会など、社会構造・医療環境の変化は加速し、厳しさを増しています。健康・医療・福祉は以前の並列から同心円に、さらに三次元構造の位置関係にあります。地域医療の充実には、診療連携は不可欠であり、医師会、各医療機関、診療所・病院、施設に、市や保健所などの行政機関との相互補完的なネットワークが求められます。国の推進する地域包括ケアシステムは、地域の住民・市民の健康・医療・介護・福祉の連携を充実し生活支援を行うものです。人体の仕組みにたとえるなら、患者さまを介しての当財団内、各病院や施設間の連携は小循環(肺循環)にあたり、地域連携は大循環(体循環)であり、実効性のある地域包括ケアシステムの構築に繋がるものです。

 世の中は大きな変革と改革のときであり、未曽有の体験、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが重なり、日々その只中にあります。先が見通せず、「with corona」、感染対策、医療安全・災害対策に継続して取り組むことと併せて、通常診療(日常診療・時間外休日診療)に携わることは、地域医療を担う我々の使命であります。

 コロナ禍は新しい生活様式など、さまざまなことをもたらしています。人はひとりでは生きて行けないこと、人は何らかの形で繋がり支え合っていること、地域あっての我々であることをコロナ禍は改めて気付かせました。

 予てより加納岩グル―プは地場産業でもあると位置付けてまいりました。コロナ禍で改めてその意を強くし、with corona、正しく恐れつつ地域の皆さま方に安心していただける病院施設として、的確な医療を提供することが私共の使命です。

 創立当初に思いを馳せ、万力林と笛吹川畔、豊かな緑と清流、この恵まれた環境を生かし、自立と自律をもって地域社会の健康と福祉に貢献すべく、職員一同精進します。皆さまの御指導、御支援の程、宜しくお願い申し上げます。  

理事長 中澤 良英

経営理念

皆様に優しく信頼される的確な医療を提供し

地域社会の健康と福祉に貢献します

経営方針

  1. 医療・福祉・介護の広い視野に立って地域社会に貢献します。(選択)
  2. 患者様の人権を尊重し、やさしい信頼される医療を提供します。(納得)
  3. 情報は慎重に開示し、徹底した管理に努めます。(情報)
  4. 医療安全教育を推進し、自己研鑽と人材育成を行い、的確な医療を提供します。(質)
  5. 医療人及び社会人として、常にチームワークを心がけます。(一体化)

沿革

昭和26年 7月 医療法人加納岩病院 開設許可(理事長 中澤 忠雄)
  9月 医療法人加納岩病院 設立
昭和27年 1月 加納岩病院 開設 20床
昭和31年 3月 山梨日下部病院 開設 120床
34年 5月 加納岩病院 病床変更 71床
40年 3月 租税特別措置法上の特定医療法人承認を受ける
  4月 救急病院の指定を受ける
  6月 山梨日下部病院 病床変更 282床
44年 5月 山梨温泉病院 開設 149床
47年 12月 加納岩病院の病院名を「加納岩総合病院」に変更
48年 4月 財団院内保育室運営開始
56年 10月 山梨日下部病院を加納岩総合病院に統合
63年 9月 法人名を「医療法人財団 加納岩病院」に変更
平成 1年 12月 山梨県より老人性痴呆疾患センター認可
6年 4月 薬剤院外処方箋全面発行開始
7年 12月 東山梨訪問看護ステーション 開所

10年 11月 在宅介護支援センター 開所
11年 4月 日下部記念病院 開設 282床
  8月 加納岩総合病院 病床変更 15床増床 190床
  10月 山梨温泉病院新築工事 竣工 病床変更135床
13年 9月 法人名を「医療法人財団 加納岩」に変更
18年 4月 在宅介護支援センターを加納岩居宅介護事業所に変更
  9月 日下部記念病院新病棟竣工
  8月 リハケアセンターきらり(訪問・通所リハ) 開所
  12月 山梨温泉病院の名称を「山梨リハビリテーション病院」に変更
20年 3月 加納岩居宅介護支援事業所 閉鎖
23年 10月 医療法上の社会医療法人の認定を受ける
法人名を「社会医療法人 加納岩」に変更
24年 5月 加納岩総合病院新病棟 竣工
31年 4月 日下部記念病院 デイケア棟完成 運用開始

組織図

PDFダウンロード

役員一覧

《理事》9名

中澤 良英 医師 財団理事長
中澤 良太 医師 財団副理事長
久保田 正春 医師 日下部記念病院 院長
浅利 泰広 医師 加納岩総合病院 院長
宮沢 圭一   財団事務局長
丸山 公夫 弁護士 丸山公夫法律事務所 所長
芦澤 薫   元 山梨県副知事
山田 勝彦   山梨県人権擁護委員連合会 顧問
寺本 英樹 医師 医療法人 英会 理事長

 《監事》3名

鶴田 一郎 会社役員 甲州青果市場㈱ 社長
廣瀬 紀雄 会社役員 ダイタ㈱ 特別顧問
矢野 潔 税理士 矢野税理士事務所 所長

 《評議員》9名

雨宮 康夫 会社役員 雨宮光学機械㈱ 社長
保坂 利次   元 弘知会 評議員
古屋 正美 会社役員 峡東測量設計㈱ 代表取締役会長
奥山 隆敏 団体役員 元 大和日英基金 事務局長
藤原 三郎 医師 今井整形外科医院 副院長
加田 顕秀 医師 医療法人南斗六星会 理事長
阿部 理 医師 阿部ファミリークリニック 院長
滝口 かえで   元 加納岩総合病院看護部長
角本 十四枝   山梨県看護連盟 会長

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME